08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

小豆島・寒霞渓100Kmウルトラ遠足 結果報告1 




昨日は“寒霞渓征服完了”なんて威勢よく書いたが実態はそんな格好の良いもんじゃ無かった。


IMG_1805.jpg




朝5時、暗闇の中でスタート。


懐中電灯を片手に走りだす。


スタートして10メートルほどで上り坂が始まった。


早速の峠道、身体が元気なうちに始まる上りはどんなペースで走ればいいのか分からない。


行こうと思えば行けるし・・・・


100Kmあるし・・・・


でもあんまり遅いのも・・・・


結局6分/Km程度で落ち着いたがこれが速いのか遅いのか?


上りは6分/Km、下りは5分/Kmで平均して5分半/Kmの計算。


5Kmのエイドまで延々、標高150m程の峠の上りが有り、そこから暫く下ったらまた、10Km地点まで標高150m程の上りが始まる。


いったんピークまで上ると今度は0m地点まで下りきる。


基本的にこれの繰り返しのコース。


メインの寒霞渓に行くまでの30数キロで4度ほど繰り返した。


情けない話、その時点で脚がゴメンナサイ状態。


太股がパンパンになり、足首に力が入らない。


そんな状態で標高700mの寒霞渓アタックがやってきた。


序盤は車の通る峠道をひたすら上っていく。


これなら何とかクリアできるか??と思った頃にロープウェイの乗り場に到着。


この時点で標高約300m。


そこで道案内の矢印が山の中の細い道を指していた。


案内通りに行ってみるとそこにはあり得ない九十九折りの道が頂上に向かって続いていた。


一本の道の長さが5m程、これが右に左に規則正しく折り返しながら頂上に続いている。


それを見た瞬間に“走れません”とつぶやいた。


走りだしてからのタイムはサブ10ペースより約10分の貯金がある。


その範囲で上り切って、下りでもう一度貯金をしよう。


そう思い、そこからは歩いて頂上を目指す。


歩いていても後ろから追い上げてくるランナーがいないので、みんな歩いているんだろうと、勝手に納得していた。


そしてスタートから丁度4時間で41.4Km地点、寒霞渓頂上付近のレストステーションに到着した。


レストステーションでは温かい素麺を頂き、ほっと一息。


名物の一億円のトイレで用(小)も足し、すっきりして再スタートを切ったがここからが地獄の始まりだった・・・(大袈裟)



IMG_1806.jpg



IMG_1807.jpg



・・・・・・・・つづく






[edit]

« 小豆島・寒霞渓100Kmウルトラ遠足 結果報告2  |  小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足 速報 »

コメント

続きはーーーーー????はやくー(笑)

まいこ #- | URL | 2012/03/11 22:52 * edit *

Re: タイトルなし

まいちゃん

ちょっと待ってね~~~~(笑)

Y.ANCHIN #- | URL | 2012/03/12 19:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://anchin1969.blog130.fc2.com/tb.php/312-e0167c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PEACE RUN

東日本大震災復興支援

FC2カウンター

プロフィール

Twitter

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング

メールフォーム

最新トラックバック

天気予報

足跡

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。